知っておこう!eラーニング導入のメリット・デメリット

幅広く利用されるeラーニング

今注目を集めているインターネット上のサービスのひとつにeラーニングがあります。大学の講義などで取り入れているところも多いサービスです。本来は同じ部屋に講師と受講者が集い、講義をする必要がある場面を、インターネットの画面を通じて閲覧することができます。
最近では、営業職などの公開研修などにも利用されています。その大きなメリットとしては、研修の場を設けなくて良いということにあります。大人数の研修を行うとなると、貸し会議室などを予約する必要が出てしまいます。費用も掛かりますし、効率的ではありません。しかし、eラーニングならばインターネット上に動画をアップし、各自閲覧することができるため、その費用をカットできます。

いつでもどこでも研修が可能

eラーニングのもうひとつのメリットとして、いつでもどこでも研修を行うことができるということが挙げられます。受講者は、各自のパソコンやスマートフォン、タブレットなどを利用して、事前にアップされた講習を各々閲覧します。必ずしも机にしがみつく必要が無く、通勤の電車の中などでも受講が可能です。また、動画が公開されている間は何度でも閲覧できるため、わからないことがあれば繰り返し吟味することができます。また、配信者側においては、受講者が動画を見ることで誰が閲覧したかわかるため、受講したかどうかの判断もしやすいといえます。場所を必要としないばかりか、場所や時間を選ばずに講習や研修を行える画期的なシステムです。